複雑相互作用を考慮した多ホスト-多パラサイト系の共進化動態による生物多様性・ 遺伝的多様性維持機構の解明

伊東 啓
(長崎大学 熱帯医学研究所 講師)

2017年1月27日金曜日

受賞記念講演@日本生態学会

日本生態学会第5回奨励賞(鈴木賞)をいただきました。

多分この話を私の知り合いにした場合の反応は、

「は?ひろむに生物なんて関係無いじゃん。てか高校でも生物の授業ほとんど受けてねぇじゃん」

という感じでしょう。私もそう思います。

工学部だったので受験は物理と化学を選択していました。
現に私の生物学的知識はそこらの高校生よりも遥かに劣ります。

しかしこの世界は結果が全てですから、それを評価していただいたのは大変光栄です。
去年の今頃は次に行く場所もなく、危うく無職になるところでしたから、一年でずいぶん好転した感があります。

ちなみに受賞講演は、日本生態学会第64回全国大会@早稲田大学(3月14-18日)の中の17日に実施されます。

ちなみに演題は、
環境変動とシミュレーション ~周期ゼミから薬剤耐性菌まで~
としました。

本当は2017年一発目のブログは正月に弟とやっていたコーエーから出ているゲーム「信長の野望・創造」の街道システムとネットワークモデリングについての話をしようかと思ったんですが、このような話になりました。

私のくだらない方のブログを期待していた人はすみません。

0 件のコメント:

コメントを投稿